忍者ブログ
安くて簡単! テキトーこの上ないおウチごはん
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タイトルセンスなさ過ぎー(笑
あ。とりあえず。


◎2皿分
●生さんま※さんまマリネは別記事参照

●スパゲティ
お好みの太さで量を、表記時間どおりで、茹で上がったら冷水冷却。ざっと水切り。紙タオルなどでしっかりすると尚良しかと。

さんまマリネちとざっくり和えて、味見して、塩コショウ麺つゆなどで調えて、皿に盛ったら完成!
あればプチトマトや、バジルパセリなどの乾物刻みハーブを。生なら尚良し! なんでしょうが、使ったことないんで。

さんまは、頑張ってさばく! の一語につきますが。刺身んまいから頑張った、でもそれだけでもなー、でコレ。

拍手[0回]

PR
なーんかどっかで見たレシピを試行錯誤しているうちに(なにで見たかは忘却の彼方)原形がかすんでほぼ我が家オリジナルと言えるんじゃないかってな程度にこなれた代物。
カニかまスパ
※写真はオプションでネギ、海苔、大根おろし。

【材料】※2皿分
・スパゲティ:160~200g(お好みで)
・カニかま:4本
・塩昆布:大さじ2(塩ごと使います)
・卵:1個
・長ネギ(白い部分):10㎝
・おろししょうが:小さじ1~2(チューブで2~3㎝、とも)
・ごま油:大さじ4~5

※オプションその①(推奨)
・刻み海苔、かつおぶし:お好みで

※オプションその②
(なくても可・下記どれか一種にとどめた方がまとまりがいいかと)
・ねぎ(青い部分):10㎝
・大葉:4枚
・水菜:1/4~1/2把
・貝割大根:1/4パック
…要は緑色を入れたいな、という。

※オプションその③(これは本当に好みが分かれる…のでお好きな方のみ)
・酢(穀物酢、黒酢、寿司酢など):一皿大さじ1~2くらい

【作り方】
1)麺を茹でます。湯量・塩加減はパッケージの表示どおりで。茹でた後に加熱するので、ゆで時間は控えめに。

2)卵を炒ります。フライパンを熱し、ごま油大さじ2を投入。油が十分熱くなったら、ときほぐした卵を一気に投入し、フライパンを回して全体に広げます。縁が固まってきたらざっと混ぜ、あまり細かくない炒り卵にして、別皿に取り出しておきます。
※ポイント
卵をふんわり仕上げるには、多めの油で強火短時間加熱。別皿に取り出しても余熱で多少固まるので、加熱時間は控えめに。ざっと混ぜて、表面が固まったらOK。
ちなみに私は洗い物を増やしたくないモノグサなので、自分用の皿に取り出します。

3)他の具を炒めます。
長ネギは、薄切りか、縦半分にして斜め薄切り。お好みで。
カニかまは、フィルムの上から揉みほぐし、3~4つに切り分け、さらに多少ほぐす。あるいは、長さはそのままで、3~5本くらいに割く。
卵を炒めたフライパンにごま油大さじ1を追加して、温まったら中火でおろししょうがと長ネギを香りが立つまで炒めます。カニかまと塩昆布投入。ざっと混ぜます。
※この時点で麺が茹で上がってなかったら、火を止め、茹で上がったら再加熱。

4)麺が茹で上がったらザルにあけ水気をよく切り、フライパンに投入。大さじ1~2のごま油を回しかけ、麺が好みの硬さになるまでなるまで炒めたら(てか、麺と具が混ざるまで炒めたら)卵を戻し、ざっと混ぜます。

5)皿に盛り、オプションを乗せます。あるいは、火を止めたフライパンの中で和えます。その辺はお好みで。
→青ねぎ:薄切、細切、みじん切り、お好みで
→大葉:軸を取って細切り
→水菜:3~5センチくらいのざく切り。
→貝割大根:根を落として、長さを半分に切る
※海苔やかつおぶし、大根おろしは、オプション追加後に乗せます。
※酢もココで。ツンとするカンジが苦手なら先に入れて加熱を。

※別バージョン:冷製
・麺を茹でる際、少々多めに塩を入れる。茹で時間は表示時間程度か、やや長め。
・麺を茹でてる間に、卵を炒め、冷ます。他の具は非加熱でもOK。しょうがやネギは炒めた方が香りが立ちますが。炒めた場合は冷まします。
・麺が茹で上がったらザルにあけて流水で揉み洗い。水気をよく切り、ペーパータオルや乾いた布で水気を取る(さほど神経質にやらんでも大丈夫v)。
・麺がベタつかないようごま油大さじ1~2を絡め、冷蔵庫で冷やす。
・冷えた麺と具に、ごま油大さじ1を混ぜ合わせ、皿に盛り付け、オプション添付。

※ポイント
温製なら太め、冷製なら細めの麺がおススメ。ま、好みですが。

味付は、塩昆布とカニかまの塩気にしょうがの風味くらいですが、それで充分かと。
どうしても物足りなければ麺つゆとか醤油とかを追加して下さい。
お酢、美味しいですよーv 隠し味程度にでもどぞv

ちなみに。
味付の好みは私(ねこ)の方が濃いのですが、
主に麺類と魚には、旦那(いぬ)は醤油や麺つゆを追加します。
味濃いの苦手なくせに、どんだけ醤油味好きなんだ…と常々呆れてたり(苦笑)。

拍手[0回]

今回画像なしですスイマセン!
ま、画像なんぞなくても分かる簡単なもんですので。
春のニラはうまい! ちゅーことで。
ま、単に安売りの時にガシガシと、ともいう。


★材料(1人前)

そば:1人前
ニラ:1/2~1把(好きなだけ)
麺つゆ:適宜
卵:1個


★作り方(レンジは500Wでの説明です)

①そばをゆでる湯を沸かします。
②ニラを切ります。3~5センチくらい。
③ニラをレンジにかけます。ふんわりラップ。
 まずは根元の硬い方だけ30秒。
 その後、残りを乗せて1分くらい。
 様子を見つつお好みで。
※加熱後、放置すると、余熱で加熱されるので注意。
 承知で放置なら、加熱時間をやや短めに。
 さっくり止めるなら、水に放して、きっちり絞る。
④湯が沸いたら、そばを茹でます。
 茹で上がったら流水に晒してぬめりを取り、ザルにあけ水気を切る。
⑤器にそばを盛り、ニラを乗せ、
 中央を少しくぼませ、そこに卵を割り入れ、完成。
 麺つゆを適宜かけつつ、卵を割りほぐしつつ召し上がれv

※卵は生でも温泉卵でもお好みで。

※お好みで、ごま油を麺に絡めるなり全体に回しかけるなり。

※私は手抜きなんで、ニラは食す用の器でレンジにかけ、麺をザルにあけたらその鍋にニラを一時退避させ、あいた器にそばを入れ…という、洗い物減らしでやってます。

次に作ったときにでも写真撮ります…

拍手[0回]

下記事のこんにゃくを食した我が家のわんこ、「ごはんにかけて食べたい」と言い出しました。ま、想定内ですが。

で、こんなの。



【材料】※1食分
・ご飯:茶碗1膳
・XO醬焼きのたれ:大さじ2
:温泉卵:1個(生卵でも問題なし)
・ねぎ:5㎝

【作り方】
1)温かいご飯にタレを混ぜる。
2)丼などに盛り、中央をくぼませ、卵を落とす。
3)細切りにしたねぎを散らす。
で、完成。がっつり卵を混ぜて召し上がれv

※ねぎは、ご飯に混ぜ込んでもよし。てか、その方がいい。で、青い部分だけを上に散らすと見栄えもいい(←分かってるんならやれよ、と)。
※卵は生でも問題ないですが温泉卵推奨。ウチでの作り方はコチラ。今回は17分で絶妙なてろとろ具合でしたv

間違いなく、焼いても美味しい。おこげ所望!
多分、「ごはんdeお焼き」でもアリだよな、というのがいぬねこの統一見解。


ま、相変わらずレシピというほどのこともないですが、とりあえず。

拍手[0回]


甘辛さっぱり。
私の胃腸の具合がよろしくないので刺激物控えめ。通常ならもっと辛味強いんですが、今回のは「後は食す際にお好みでv」ということで。

【材料】※2皿分
・豚薄切り肉(部位は不問。お好みで):3~4枚
・きゅうり:1本
・麺(中華麺、冷麦、うどん等):量も種類もお好みで
・ごま油:大さじ1~2
・にんにく:1~2片
・しょうが:1㎝くらい
◎合わせ調味料(全部混ぜます)
・甜麺醤(テンメンジャン):大さじ2
・みそ:小さじ1~2
・酒:大さじ1
・みりん:大さじ1
・醤油:小さじ1
・顆粒だし(中華):小さじ1弱
・片栗粉:大さじ1~2
・水:大さじ2

※オプション(あれば入れる。なくても問題なし)
・えのき:1/4~1/2パック
・長ネギ(白い部分):5~10㎝
・オイスターソース:小さじ1
※代替品
・にんにく、しょうがは、チューブのおろしでも可。各2cmくらい。
甜麺醤代替はひとつ前の記事参照

【作り方】
1)具の準備。
・肉は5~10mm.程度の細切りに。好みで適当にどうぞ。
・にんにくとしょうがはみじん切り。チューブの場合は省略。
・「合わせ調味料」以下の材料をボウル等で混ぜ合わせておきます。鍋にそれぞれ直接投入してもいいんですが、先に合わせて置いた方が簡単です。
※オプション
・えのき:石づきを切り落とし、2cm程度のざく切りに。
・長ネギ:大きめのみじん切り。あるいはトッピング用として白髪ネギに。

2)具の調理
・鍋を火にかけ、油を熱します。油の量は、テフロンなら少なめ、鉄なら多めに。
・にんにく、しょうが、甜麺醤を投入。こがさないよう、香りが立つまで炒めます。
※みじん切りのネギを入れるなら、ここで投入。
・香りが立ったら肉投入。軽く色が変わるまで炒めます。
※えのきを入れるなら、ここで投入。軽く油が回ればOK。
・合わせ調味料投入。とろみがつくまで、ダマにならないようかき混ぜながら煮詰めます。
※量が足りないようなら、合わせ調味料を作り足してください。その辺は臨機応変。
・好みの固さになったら火を止めます。が。
→冷たい麺にアツアツの餡がいい!:放置して、麺を冷やしてる間に再加熱。
→冷めてればいい:放置。
→麺と同じく冷たいのがいい!:早めに作って、放置で冷ました後、冷蔵庫で冷やします。
※きっちり加熱していれば、冷えてもとろみはさほど緩みません。

3)麺を湯がく。
・湯量や塩加減はパッケージの表示どおりで。
・茹で上がったら、流水で手早く冷まし、ぬめりを取るべく揉み洗いし、冷蔵庫に入れるなり氷水に浸すなりして冷やしておきます。

4)具の用意その2
・麺を茹でる間にきゅうりを切ります。ヘタを切り落として2mm程度の薄切りにし、やはり2mm程度の細切りに。
※きゅうりは麺同様冷えていた方がおいしいと思うので、できるだけ食べる直前に処理します。

5)盛り付け
・水気を切った麺に、好みでごま油(分量外)をまぶします。
※ウチでは私とわんこの好みが違うので、皿に盛ったあと個々でやります(私はまず滅多に掛けない/わんこは大さじ2くらい)。
・皿の外周に沿うようにきゅうりを、皿の中央に肉餡を盛って、できあがり。

※更にオプション
・香辛料:お好みで、山椒、五香粉、七味、黒胡椒、等々。
・温泉卵もよく合いますv(作り方は近いうちに…)

※別バージョン
えのきは「瓶詰めなめたけ」でも可。製品は味が決まっているので、調味が楽です。
ただその場合、上記レシピから調味料(特に甘味)は減らします。ボウルの中で味をみながらどうぞ
(なめたけを先に入れ、足りない分を足す方向で)。


肉はひき肉でもなんら問題ないです。てか、そっちが一般的でしょう。単にうちのわんこがひき肉より薄切り肉のが好きだから、てのもありますが。グラム数が同じなら、ひき肉より薄切り肉の方がボリューム感あるかもです。

拍手[0回]

 Home   Old→
1  2 
プロフィール
HN:
音子
性別:
女性
自己紹介:
父が洋食、祖父(父の父)が和食、ついでに叔父(父の弟)が中華の料理人という、おそらくは恵まれた環境で育ちながら料理下手(苦笑)。
ブログ内検索
リンク
ランキング参加してます。
お気に召しましたら
ひと押しよろしくです。
※テキストリンクの方は
ランキングと無関係に
トップページへ行けます

にほんブログ村_TOP
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

レシピブログ_TOP
レシピブログ/ランキング投票
バーコード
カウンター
Admin|Write
忍者ブログ[PR]