忍者ブログ
安くて簡単! テキトーこの上ないおウチごはん
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《材料》※2食分見当
じゃがいも(メイクイーンとか、でんぷん少なめなもの):3~4個
ひき肉(お好みで。ウチは合い挽き):100g
干ししいたけ:2~3枚
人参:1/3本
たけのこ水煮:1/3本
水溶き片栗粉:粉大さじ2に同量の水(お好みで加減を)
調味料:酒。みりん、醤油(※砂糖):大さじ1、オイスターソース:小さじ1/2

《作り方》
.干しいたけを戻す。水は100~150ccくらい。味付け時の調整も鑑み、餡の量より心持ち少なめ程度で
・いもを1センチ厚にスライスし、さっと水に放し、よく水気を切る
・フライパンに油を温め、いもを重ならないように敷き、蓋をして蒸し焼き。途中返して、両面こんがりと焼く
・火が通ったら盛付皿に取り出して、残った油で餡作り。下ごしらえ(下記1と2)は焼いてる間にしちゃいましょう
1)干ししいたけを戻す。戻し汁はそのまま餡のスープにするので、量は加減を
2)具は5ml角に刻みます
3)ひき肉を炒め、野菜を追加し油を回す
4)しいたけの戻し汁を投入。くつくつしたら味付け。こっくり甘あまがよければ砂糖追加
※しいたけは生でもいいが、その場合は味を見て出汁追加。戻し汁が少なかった場合も
5)水溶き片栗粉を回し入れ、とろみを付ける。硬さはお好みで
6)しっかりとろみが付いたら取り出しておいたイモにかけて完成。

むかーし昔、週末の度に転がり込んでいた友人宅の母君オリジナルレシピ。
オイスターソースと砂糖は追加オリジナルアレンジ。
「ギョギョーム」の命名由来はまったく不明。

拍手[0回]

PR
随分ご無沙汰だったのは、本人の体調不良でろくに食が進まず「メシネタなんて書けるかー!」てな状態だったせいなんですが、それはともかく。
クリスマスということで一念発起。久々に作りましたよミルフィーユ! というコトで、とりあえず画像なしですが上げます。
諸々、あくまで今回ウチで作ったものですが(つまり適当;)。

材料
・ホットケーキミックス:150g
・全卵:1個
・水:200cc+α(適宜)

・ホイップクリーム:1パック(180ml)
※生クリームでも、お好みで。
・砂糖:パックに表示されているのを基準にお好みで。
※減らすと泡立ちにくくはなりますが。ウチではというか甘いもの苦手な私はかなり減らしてます。
・ぶどう:15粒くらい
※これもまたお好みで増減してください。

・氷(クリーム泡立て用)

道具
・18cmくらいのフライパン
・生地混ぜ用な20cmくらいのボウル
・クリーム泡立て用のボウル大小2個
・大きめの泡立て器(小さくても電動…あると楽だよね(涙))
・整形用ボウル18cmくらい

ま、適当に。私は適当ですから。

作り方
1)生地を混ぜます。ホットケーキより緩めに。適宜水などを足してください。
※牛乳でも豆乳でもOK! というか、あればそれでやる。
2)フライパンを温め、ひたすら焼く。できるだけ薄く。何枚になろうが気にしない!
※鉄なら勿論、痛んだテフロンなら薄く油を引いてください(分量外)。
焼いたものは別皿で冷ましておきます(熱いと挟んだクリームが溶ける)。
3)焼いた生地を冷ます間にクリーム作成。
・ぶどうの種類はなんでもいいと思われますが、今回ウチではレッドグローブ。
半分に切って種を除き、お好みのサイズに刻みます。品種によっては皮も食せるので、その場合は皮ごと。
・クリームに砂糖を入れて攪拌。ひたすらひたすら攪拌! 8分どころか全立てのイキオイで! というのも、ぶどうの水分で緩むからです。
・がっちりツノが立ったら、ぶどうをざっくり和えます。
4)整形用ボウルに生地を1枚敷き、クリームを薄く載せます。その繰り返し。最後に生地でふたをして、乾燥防止にラップを乗せて(かけて、ではないです)、冷蔵庫で最低1時間寝かせます。残ったクリームは…まぁ適当に。ウチではツレが問答無用で食い尽くしますが(笑)。
5)冷えてクリームが固まった、というか馴染んだら、完成。適宜切り分けて供してください。
※クリームも生地も日持ちするものではないので、できれば供する当日作ることをお勧めします。

 こんなんでも、なんとかどーにかなるもんです。現にウチのツレ、がーつがっつ喰ってたし。

拍手[1回]

今回画像ナシですすいません。

とりあえず、牡蠣さほど好きではない私がうまうま食せたので、覚書。

【材料】

牡蠣(生食用):100g

酢:大さじ2
麺つゆ(3倍希釈):小さじ2
砂糖:小さじ1
桃屋のきざみしょうが:小さじ1


【作り方】

牡蠣を洗う。
調味料を合わせる。
和える。

以上!


* * *

桃屋のきざみしょうが は味付きで便利。美味。今回のツボはコレ。

拍手[0回]

なーんかどっかで見たレシピを試行錯誤しているうちに(なにで見たかは忘却の彼方)原形がかすんでほぼ我が家オリジナルと言えるんじゃないかってな程度にこなれた代物。
カニかまスパ
※写真はオプションでネギ、海苔、大根おろし。

【材料】※2皿分
・スパゲティ:160~200g(お好みで)
・カニかま:4本
・塩昆布:大さじ2(塩ごと使います)
・卵:1個
・長ネギ(白い部分):10㎝
・おろししょうが:小さじ1~2(チューブで2~3㎝、とも)
・ごま油:大さじ4~5

※オプションその①(推奨)
・刻み海苔、かつおぶし:お好みで

※オプションその②
(なくても可・下記どれか一種にとどめた方がまとまりがいいかと)
・ねぎ(青い部分):10㎝
・大葉:4枚
・水菜:1/4~1/2把
・貝割大根:1/4パック
…要は緑色を入れたいな、という。

※オプションその③(これは本当に好みが分かれる…のでお好きな方のみ)
・酢(穀物酢、黒酢、寿司酢など):一皿大さじ1~2くらい

【作り方】
1)麺を茹でます。湯量・塩加減はパッケージの表示どおりで。茹でた後に加熱するので、ゆで時間は控えめに。

2)卵を炒ります。フライパンを熱し、ごま油大さじ2を投入。油が十分熱くなったら、ときほぐした卵を一気に投入し、フライパンを回して全体に広げます。縁が固まってきたらざっと混ぜ、あまり細かくない炒り卵にして、別皿に取り出しておきます。
※ポイント
卵をふんわり仕上げるには、多めの油で強火短時間加熱。別皿に取り出しても余熱で多少固まるので、加熱時間は控えめに。ざっと混ぜて、表面が固まったらOK。
ちなみに私は洗い物を増やしたくないモノグサなので、自分用の皿に取り出します。

3)他の具を炒めます。
長ネギは、薄切りか、縦半分にして斜め薄切り。お好みで。
カニかまは、フィルムの上から揉みほぐし、3~4つに切り分け、さらに多少ほぐす。あるいは、長さはそのままで、3~5本くらいに割く。
卵を炒めたフライパンにごま油大さじ1を追加して、温まったら中火でおろししょうがと長ネギを香りが立つまで炒めます。カニかまと塩昆布投入。ざっと混ぜます。
※この時点で麺が茹で上がってなかったら、火を止め、茹で上がったら再加熱。

4)麺が茹で上がったらザルにあけ水気をよく切り、フライパンに投入。大さじ1~2のごま油を回しかけ、麺が好みの硬さになるまでなるまで炒めたら(てか、麺と具が混ざるまで炒めたら)卵を戻し、ざっと混ぜます。

5)皿に盛り、オプションを乗せます。あるいは、火を止めたフライパンの中で和えます。その辺はお好みで。
→青ねぎ:薄切、細切、みじん切り、お好みで
→大葉:軸を取って細切り
→水菜:3~5センチくらいのざく切り。
→貝割大根:根を落として、長さを半分に切る
※海苔やかつおぶし、大根おろしは、オプション追加後に乗せます。
※酢もココで。ツンとするカンジが苦手なら先に入れて加熱を。

※別バージョン:冷製
・麺を茹でる際、少々多めに塩を入れる。茹で時間は表示時間程度か、やや長め。
・麺を茹でてる間に、卵を炒め、冷ます。他の具は非加熱でもOK。しょうがやネギは炒めた方が香りが立ちますが。炒めた場合は冷まします。
・麺が茹で上がったらザルにあけて流水で揉み洗い。水気をよく切り、ペーパータオルや乾いた布で水気を取る(さほど神経質にやらんでも大丈夫v)。
・麺がベタつかないようごま油大さじ1~2を絡め、冷蔵庫で冷やす。
・冷えた麺と具に、ごま油大さじ1を混ぜ合わせ、皿に盛り付け、オプション添付。

※ポイント
温製なら太め、冷製なら細めの麺がおススメ。ま、好みですが。

味付は、塩昆布とカニかまの塩気にしょうがの風味くらいですが、それで充分かと。
どうしても物足りなければ麺つゆとか醤油とかを追加して下さい。
お酢、美味しいですよーv 隠し味程度にでもどぞv

ちなみに。
味付の好みは私(ねこ)の方が濃いのですが、
主に麺類と魚には、旦那(いぬ)は醤油や麺つゆを追加します。
味濃いの苦手なくせに、どんだけ醤油味好きなんだ…と常々呆れてたり(苦笑)。

拍手[0回]

写真撮り忘れたー(苦笑)。
ま、なくても分かる程度なシロモノ。
いわゆる「のり弁」。

①鰹ぶしとゴマに麺つゆ適宜。
②卵焼き。今回はエビのカラ入れました。
エビのカラはそのうちUPします…
③水菜のゴマ油炒め。黒酢と砂糖を適宜。
これもそのうち…
④冷凍の煮物野菜があったので、
 油揚げ三角な1/8にして油抜きして、
 表示どおりではないけど適当に煮る。
⑤ホッケのフライがあったので、油多めで揚げ焼き。
⑥ウインナあったので長さ半分にしてタコさん焼き。

⑥卵と水菜はカップに入れ左右に配置。卵はそのまま中央に。
⑦御飯を器の高さ半分に盛り、①を半量。
 更に御飯を盛り、①の残りを乗せ、のりを乗せる。
⑧ホッケとウインナを乗せて、完成。

ウチのわんこは「おウチお弁当」大好きなんでね…。
とりあえず作ってみたその②.

拍手[0回]

←New   Old→
1  2  3  4  5  6  7 
プロフィール
HN:
音子
性別:
女性
自己紹介:
父が洋食、祖父(父の父)が和食、ついでに叔父(父の弟)が中華の料理人という、おそらくは恵まれた環境で育ちながら料理下手(苦笑)。
ブログ内検索
リンク
ランキング参加してます。
お気に召しましたら
ひと押しよろしくです。
※テキストリンクの方は
ランキングと無関係に
トップページへ行けます

にほんブログ村_TOP
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

レシピブログ_TOP
レシピブログ/ランキング投票
バーコード
カウンター
Admin|Write
忍者ブログ[PR]