忍者ブログ
安くて簡単! テキトーこの上ないおウチごはん
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


甘辛さっぱり。
私の胃腸の具合がよろしくないので刺激物控えめ。通常ならもっと辛味強いんですが、今回のは「後は食す際にお好みでv」ということで。

【材料】※2皿分
・豚薄切り肉(部位は不問。お好みで):3~4枚
・きゅうり:1本
・麺(中華麺、冷麦、うどん等):量も種類もお好みで
・ごま油:大さじ1~2
・にんにく:1~2片
・しょうが:1㎝くらい
◎合わせ調味料(全部混ぜます)
・甜麺醤(テンメンジャン):大さじ2
・みそ:小さじ1~2
・酒:大さじ1
・みりん:大さじ1
・醤油:小さじ1
・顆粒だし(中華):小さじ1弱
・片栗粉:大さじ1~2
・水:大さじ2

※オプション(あれば入れる。なくても問題なし)
・えのき:1/4~1/2パック
・長ネギ(白い部分):5~10㎝
・オイスターソース:小さじ1
※代替品
・にんにく、しょうがは、チューブのおろしでも可。各2cmくらい。
甜麺醤代替はひとつ前の記事参照

【作り方】
1)具の準備。
・肉は5~10mm.程度の細切りに。好みで適当にどうぞ。
・にんにくとしょうがはみじん切り。チューブの場合は省略。
・「合わせ調味料」以下の材料をボウル等で混ぜ合わせておきます。鍋にそれぞれ直接投入してもいいんですが、先に合わせて置いた方が簡単です。
※オプション
・えのき:石づきを切り落とし、2cm程度のざく切りに。
・長ネギ:大きめのみじん切り。あるいはトッピング用として白髪ネギに。

2)具の調理
・鍋を火にかけ、油を熱します。油の量は、テフロンなら少なめ、鉄なら多めに。
・にんにく、しょうが、甜麺醤を投入。こがさないよう、香りが立つまで炒めます。
※みじん切りのネギを入れるなら、ここで投入。
・香りが立ったら肉投入。軽く色が変わるまで炒めます。
※えのきを入れるなら、ここで投入。軽く油が回ればOK。
・合わせ調味料投入。とろみがつくまで、ダマにならないようかき混ぜながら煮詰めます。
※量が足りないようなら、合わせ調味料を作り足してください。その辺は臨機応変。
・好みの固さになったら火を止めます。が。
→冷たい麺にアツアツの餡がいい!:放置して、麺を冷やしてる間に再加熱。
→冷めてればいい:放置。
→麺と同じく冷たいのがいい!:早めに作って、放置で冷ました後、冷蔵庫で冷やします。
※きっちり加熱していれば、冷えてもとろみはさほど緩みません。

3)麺を湯がく。
・湯量や塩加減はパッケージの表示どおりで。
・茹で上がったら、流水で手早く冷まし、ぬめりを取るべく揉み洗いし、冷蔵庫に入れるなり氷水に浸すなりして冷やしておきます。

4)具の用意その2
・麺を茹でる間にきゅうりを切ります。ヘタを切り落として2mm程度の薄切りにし、やはり2mm程度の細切りに。
※きゅうりは麺同様冷えていた方がおいしいと思うので、できるだけ食べる直前に処理します。

5)盛り付け
・水気を切った麺に、好みでごま油(分量外)をまぶします。
※ウチでは私とわんこの好みが違うので、皿に盛ったあと個々でやります(私はまず滅多に掛けない/わんこは大さじ2くらい)。
・皿の外周に沿うようにきゅうりを、皿の中央に肉餡を盛って、できあがり。

※更にオプション
・香辛料:お好みで、山椒、五香粉、七味、黒胡椒、等々。
・温泉卵もよく合いますv(作り方は近いうちに…)

※別バージョン
えのきは「瓶詰めなめたけ」でも可。製品は味が決まっているので、調味が楽です。
ただその場合、上記レシピから調味料(特に甘味)は減らします。ボウルの中で味をみながらどうぞ
(なめたけを先に入れ、足りない分を足す方向で)。


肉はひき肉でもなんら問題ないです。てか、そっちが一般的でしょう。単にうちのわんこがひき肉より薄切り肉のが好きだから、てのもありますが。グラム数が同じなら、ひき肉より薄切り肉の方がボリューム感あるかもです。

拍手[0回]

PR

暑かろーが寒かろーが、結局野菜はレンジ調理が多かったり(苦笑)。

今回は「鶏むね肉のレンジ蒸」を使ってのバリエーションメニュー。

【材料】2人分
・白菜:3~4枚
・塩:ひとつまみ
鶏むね肉のレンジ蒸:適宜
・和風ドレッシング:適宜

【作り方】
1)白菜を、葉と軸に切り分けます。
葉は3~5㎝角くらい、軸は幅2㎝くらいに。ま、食べやすいサイズにお好みで。
2)蒸す準備。なるべく底が平らで経の大きいスープ皿などを用意。
皿に軸の部分を入れ、塩を振って軽く混ぜます。
ふんわりとラップをかけ、レンジへ。加熱時間は「あたため」とか、レンジにおまかせ。
3)終了したら、葉の部分も入れて、やはりふんわりラップで1分再加熱。
4)終了したら、水気を切り、葉と軸を混ぜ合わせます。これで「白菜のレンジ蒸」は完成。
5)食す用の皿に盛り、鶏肉を乗せ、ドレッシングを添えてどうぞv
※ドレッシングは醤油系で。たまねぎとかにんにくとか、具入り推奨。
※白菜は、温かいままでも冷やしてもよし。お好みで。

以下、補足とかバリエーション(というほどのこともない)。

→水切り
野菜をレンジ加熱すると、結構水が出ます。
・温かいまま食すなら、ザルにあけてざかざか切ります。それだけで充分かと。
・すぐ食す場合に冷たくするなら、冷水にとって急冷。やっぱりざかざか水気を切ればOK。
※冷ました場合はぎゅーっと水気を絞るのもアリですが(熱い時にやると火傷します)、サラダというよりお浸しなカンジになるかと。この辺は食感の好みによるので、ま、適当に。
※時間があって、冷やして食べたい場合は、一度水気を切ったら放置で冷ましてラップして冷蔵庫へ。盛り付けの際に再度水切り。

→ナムル風
他に肉や魚を用意したら野菜は野菜だけなことが多いので、食す頻度はこっちのほうが多かったり。
【追加材料】
・ごま油:大さじ1
・塩:ひとつまみ
【作り方】
・水切りした白菜を皿に戻し、温かいうちにごま油と塩をふりかけて混ぜます。
・食材にぴったり貼りつくようにラップをし、しばし放置。
・冷めて味がなじめば完成。ざっと混ぜて盛り付けを。

→加熱時間
大概、レンジにまかせて大丈夫とは思いますが、再加熱分で調整して下さい。
あと、温かいままラップして放置すると、余熱で多少加熱が進みます。
いろいろ試行錯誤。
ま、どんなものが出来上がっても、作り手が「こういうモノだ!」と言えばそれでよし。

※18/09/16 「暑さ対策!火を使わないアイデア調理」コーナーにレシピを掲載中!

拍手[0回]


暑いからと冷たいものばかり摂っていると胃腸が弱るそうなんで。
お腹にやさしげなレシピを。
でもウチのわんこ粥キライだから、私専用レシピ(苦笑)。

【材料】
・ご飯:茶碗1/2
・カップスープの素(ポタージュ系):1袋
・水or牛乳:150~200cc
※オプション
・とろけるスライスチーズ:1枚
(あるいは、ピザ用チーズを適当に)
・ミックスベジタブル:ひとつかみ
・黒胡椒、ハーブ類:適宜
・コーヒー用ミルク:1個

【作り方】
1)水を沸かします。水の量は、出来上がりの固さ次第のお好みで。
ふつふつと沸いてきたら、ご飯を投入。冷たいままで構いません(さすがに解凍はした方がいいですが)。
2)ご飯がほぐれたら、カップスープの素を投入。ダマにならないよう、よく混ぜます。
3)途中、水が足りないようなら適宜足し、ご飯が好みの固さになるまで煮えたら出来上がり。
※牛乳を使うと、ちょっと濃いというか重くなります。吹きこぼれに注意。
※ミックスベジタブル(冷凍)を入れるなら、スープの素と同時。混ぜてる間に煮えます。
※オプション
・器に盛りチーズを乗せ、レンジやオーブントースター、魚焼きグリルなど、なんでもいいのでチーズが溶けるまで加熱。焼く場合は、チーズの上にバターひとさじ・パン粉・粉チーズ・ハーブ類なんぞを乗せると更に美味v レンジなら、パン粉だけ省略で。
・コーヒー用ミルクは、食べる直前に回しかけて下さい。

食べるときは、全部がっつり混ぜてどうぞv


ちなみにこの写真のご飯は十穀米入ってます。で、チーズをレンジで溶かしただけ。

拍手[0回]

かじか汁に写真up。ついでにごそごそ文章修正。ま、たいしたことはしてませんが。
よろしければご覧下さい。

拍手[0回]

前記事の続きというか。

鶏は(胸でもモモでも)皮を剥がすレシピがありますが。
捨てませんよ。他に使うべく冷凍します。

【作り方】
1)皮を切ります。長さ3~5㎝、幅5mm.くらい。用途および食感の好みによりけり。
2)1回分ずつラップに包み、保存袋などに詰めて冷凍。

それだけ。
ま、それだけでは愛想が無さ過ぎるよな、ということで。

【使い方】
・温かい汁の具(吸い物でも麺つゆでも):湯が沸いたら放り込みます。凍ったままで可。固まりの外側が剥がれてきたら適当にほぐします。

・カラカラ炒め(酒のアテ):フライパンでカリカリになるまで炒めます。皮から脂が出るので、テフロンなら油は引かなくて大丈夫。鉄なら鍋肌に回る程度に。塩胡椒、あるいは七味など、お好みの味付けで。


無論、前記事レンジ蒸の時、適宜切って一緒に蒸してもいいんですが。

拍手[0回]

←New   Old→
2  3  4  5  6  7  8  9  10 
プロフィール
HN:
音子
性別:
女性
自己紹介:
父が洋食、祖父(父の父)が和食、ついでに叔父(父の弟)が中華の料理人という、おそらくは恵まれた環境で育ちながら料理下手(苦笑)。
ブログ内検索
リンク
ランキング参加してます。
お気に召しましたら
ひと押しよろしくです。
※テキストリンクの方は
ランキングと無関係に
トップページへ行けます

にほんブログ村_TOP
にほんブログ村 料理ブログ 簡単料理へ にほんブログ村 料理ブログ 二人暮らし料理へ

レシピブログ_TOP
レシピブログ/ランキング投票
バーコード
カウンター
Admin|Write
忍者ブログ[PR]